物件ではなく「融資」から考える癖付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

藤山大二郎です。

これから不動産投資を始める!という方に多いのですが、まず「自分がどんな銀行で融資を組めるのか把握していない」という方が意外に多いのです。

物件スペックありきではなく、融資から考えて物件を探す

最近の書籍やブログなどには同様の事も書いてあるのですでに不動産投資をされてる方は常識だと思いますが、私個人としても”現在の市況で、自己資金の少ないサラリーマンが始める”ならば、融資から考えて物件を探すべきだと思っています。

ここ数年は不動産投資も過熱気味にあり、金融機関も積極的に融資を出す姿勢でした。その為、良い物件が出ると現金客かすぐ融資がつく人が買っていく状況でした。

なので、「物件探して、現地みて、買付いれて、さぁこれから銀行開拓。」という方は間に合わない場合が多いのですね。

業者も融資つくかどうか分からない人なんてもちろん相手にできませんから、買付すら売主へ提出しない業者も多いですね。

という市況にも関わらず、書籍などで投資法だけ目に入ってしまって、物件スペックが先行してしまっている方が多くいます。

融資を全く考えていない方が意外と多いのです。

〜とあるやり取り〜

Aさん「◯◯エリアで、利回り◯%以上。築◯年以内で木造or軽量鉄骨の物件を探しています」

私「金融機関はどちらでお考えですか?」

Aさん「いえ、まだ決めてません!良い物件あったら開拓するつもりです!」

私「( ;´Д`)」

こういう感じです。笑

自己資金すくないサラリーマンがフルローン、オーバーローンで物件を買い進めていくには、確実に融資から抑えて物件を探していく必要があるのです。

融資から考えるとは?→金融機関を知る事。

では、具体的にどう進めていけばよいのか。という事ですが、まずはご自身で組める金融機関を知る事です。

自分の属性、少ない自己資金であれば、

・どこの銀行なら融資が組めるのか

・その銀行の評価基準は?

・どんな物件を持ち込めば、フルローンが出やすいのか

・どのくらいの規模でどのくらいの利回りでどのエリアなのか

などなど。

明確に銀行を知る事で、明確な基準ができ、フルローンが出やすい物件を探す事ができます。

実際に先に銀行から考えて物件を探せていれば、該当する物件が出た時に銀行へ持ち込んでもすぐに結果が出て1番手でそのまま突き進める可能性も高いのです。

「物件ありきなく、金融機関から考え物件を探す。」

という事について書いてみました。

・自分が組める銀行が分からない。

・もっと他にも実はあるんではないか。

・数行訪問したが、どこからも断られている。

・不動産業者から厳しいと言われている。

こういった方は良かったら、是非私の面談に申し込んでみてください(^ ^)

 

ではでは。

PS,

現在、実家に滞在しています。

いつも2週間とかいるのですが今回は数日なので短期滞在です。

実は免許の期限切れてるので、明日は免許証更新にいってきます笑。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。